第二工業 外観画像

本校の沿革


   本校は昭和18年4月に宮城県第二工業学校として開校しました。昭和23年4月に宮城県第二工業高等学校と改称し,以来,時代の変遷と幾多の紆余曲折を経ながら,今日に至っております。その間,関係各位のご理解とご協力により,時流に即しながら,特色ある学校づくりとして,平成5年,機械科を電子機械科に学科改編しました。さらに,平成6年には新しい校舎が完成し,専用教室・体育館・食堂・図書室など,最新の施設・設備を持つ定時制工業高校へと生まれ変わりました。平成7年4月より完全給食と女子生徒の募集を開始しております。

 このように本校は,県内唯一の独立した男女共学夜間定時制工業専門高校として,たゆむことなく発展を続け,今日に至っております。

 「明朗闊達・勤労愛好」を校訓として,日々進展する科学技術に即応できる工業人,教養豊かな社会人の育成を目指しており,勤労と勉学の両立を図りながら,これまでに巣立った卒業生は2,888名を数え,様々な分野で活躍しております。